V ではじまる慣用表現

Via

意味  〜経由で、〜の方法(手段)で

例文  I fly to Athens via Paris.   パリ経由でアテネへ飛ぶ。
           Please contact us via mail or fax.  メールかファックスでご連絡ください。

解釈  via は、ラテン語の「道」を意味する言葉である。
           〜を通って目的地に到着する筋道のことであるから、英語では
           by way of ,   by means of   などの解釈が成り立つ。



W ではじまる慣用表現

Where there is smoke, there is fire. (火のないところ煙立たず)

意味  煙がないところに火はたたず。(疑わしいことには必ず原因がある。)

例文    He was seen to run away from the building just before the building had fire.
           Where there's smoke, there's fire.

解釈  火と煙の比喩表現は、日本語も英語も同じような意味あいで使われている。
           煙は、証拠であり、火は原因や悪行そのものを表している。別な言い方では、

            When there's evidence that something bad happened, it probably did.
          
    兆候があるのは、間違いなく悪いことが起こったからである。
( 論より証拠 )      

X  該当なし

Y ではじまる慣用表現

You can lead a horse to water but you can't make him drink .

意味    馬を水飲み場に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない。
           (手段や方法を伝授しても達成するかしないかは、本人次第である)

例文     I gave my grandfather a new shirt, but he still wear the ripped one.
            You can lead a horse to water, but you can't make him drink.
          
             祖父に新しいシャツを買ってあげたが、彼はいまだに破れたシャツを着ている。
             導いても、実行するのは本人である。
           (新しいシャツを与えても、着るか着ないかは本人次第である)

解釈    この表現は、12世紀に初めて使われた。その頃の旅の手段というのは、   
      馬に乗っていくしかなかった。
             長旅の途上に、特に暑い日などは、馬主は馬に水を与えることが必要である
             ことを知っていた。             
             そして馬主は、馬を水辺に連れていった。
             このことが、人間に当てはめて語られるようになた。
             人を説得する必要がある場合に、たとえ勧められても、決断や実行するのは
             本人によるものであるということを示すときに使われる。


Z  ではじまる慣用表現

Zip your lips

意味    無口になる。口を閉ざす。

例文    she used to zip her lips when she was scolded by the teacher.
             彼女は、先生に叱られると、いつも口を閉ざした。

解釈    おしゃべりは、くちびるが閉じていないことをさすことから、このような比喩表現をする。
              zip は、ファスナーを閉じるといういみであるが、この他の表現がいくつかある。
             
              button your lips, shut your lips など、くちびるを閉じる比喩である。その他には

              clam up, refuse to talk, become silent  などの同意表現がある。



to the end